マイホームを強化しよう|外壁塗装は専門業者へ

作業員

外壁塗り替え工事の内容

塗装

宇都宮の外壁塗装工事会社では塗料を外壁材にしっかり密着させ、仕上がりを美しくする目的でいくつかの作業を行ってくれます。作業の内容はまず、外壁材に塗装をする前に足場を組んでからネットで外壁全体を囲み、外壁を高圧洗浄機で外壁を水洗いしていきます。ネットをするのは水や塗料が周囲に飛ばないようにするためです。外壁に古い塗料や汚れ、カビなどがついていると新しく外壁塗装をしてもすぐにはがれてしまうので、塗装工事を始める前には表面を高圧洗浄機できれいにしてくれます。水洗いした外壁が乾燥したら下地処理をします。外壁に水分が残っていると塗装後に膨れて盛り上がった状態になってしまうのでよく乾燥させてから下地処理をしてくれるでしょう。下地処理とは、外壁材に入っている亀裂やサビを処理して外壁材を平らな状態にするための作業で、平らな状態の外壁座には塗料が密着しやすくなるからです。亀裂はシーリング材で埋めて補修しサビはきれいに落としてしまいます。下地処理は塗装まえの重要な作業の1つで、シーリング剤は気密性を高める意味もあります。シーリング剤が乾いたら塗料の下塗り作業をします。宇都宮の外壁塗装会社では、三度塗りが一般的で下塗り、中塗り、上塗りの順で作業を行っています。三度塗りするのは塗料の塗膜を厚くすることで防水や断熱、気密性高めるためです。宇都宮の外壁塗装会社では下塗りは中塗りの塗料を密着させるためと防水効果を確かなものにするために必ずする作業なのです。中塗りと上塗りをせずに上塗りだけで終わらせてしまう業者もいますが、宇都宮の外壁塗装会社では三度塗りをしており美観の点においても美しい仕上がりになります。外壁塗装は10日間程度かけてこのような一連の作業を行って完了します。